お問合せ

事業分野
HOME > 事業分野 > 下水道事業

下水道事業

美しい水と暮らしのサポートです。

私たちの生活環境を快適にしてくれる下水道や排水路を守るため、点検・調査・清掃・修繕を行い、排水を海にスムーズに流すためのお手伝いをしています。

調査

TVカメラ、展開カメラ、目視、小口径取付管カメラ、管口カメラ調査等による調査

マンホールや管・排水路の状態を目視や専用のTVカメラ等を使用して調査します。破損等異常個所が発見された場合は、その状況に応じて施設の補修や清掃の提案・施工を行います。

調査の流れ
異常箇所があった場合には必要に応じて
改築、修繕、維持の提案
各種調査

TVカメラ調査

人が管内に入れないφ800mm以下の小中口径管からφ800mm以上の大口径まで直視と側視にて、異常箇所を調べます。

TVカメラ調査の詳しい情報はこちら
φ200mm用
φ200mm用
φ250mm用
φ250mm用
φ600mm用
φ600mm用
φ900mm用
φ900mm用
 

展開式TVカメラ調査

展開カメラは従来のTVカメラと異なり管きょを頂点もしくは底点から切り開き、平面化して表示することができるカメラ です。この展開画像の採用によりジョイントや等異常個所毎に停止する事なくスムーズに調査を行う事が出来ます。

展開式TVカメラ調査の詳しい情報はこちら
展開式TVカメラ調査
展開式TVカメラ調査
展開式TVカメラ調査
 

小口径取付管カメラ

φ100mm〜200mmの小口径を調査するカメラで、自動水平機能のついたカメラヘッドを押し込む形で調査を行います。 主に各家庭から下水道や排水本管までの管きょ内を調査する時に使用します。

小口径取付管カメラ
小口径取付管カメラ
 

管口カメラ調査

マンホール内に入らず管内を点検するカメラでφ150〜800mmの管きょに対応。 マンホールの上から上下左右のカメラ操作やズーム(40倍)が出来ます。管内部10m先まで調査する事が出来ます。

菅口カメラ
菅口カメラ
菅口カメラ
菅口カメラ
 

目視調査

人孔内やφ800mm以上の管きょの場合、調査員が直接管きょに入り調査します。

目視
目視

清掃・吸引・浚渫

強力吸引車、高圧洗浄車、バックホウによる施工

マンホールや管・排水路内の排水をスムーズに流すため、詰まりの原因となる土砂等の堆積を高圧洗浄車、強力吸引車、バックホウにて除去します。

適用範囲

側溝・下水道管渠・雨水管渠・河川管渠等暗渠部の清掃が可能。
新管施工時に管内に堆積した土砂等の洗浄・吸引を行います。
強力吸引車にて施工時に発生した建設汚泥等を処理場まで収集運搬します。

 
使用車 車両
目視
2t高圧洗浄車
目視
4t高圧洗浄車
目視
4t強力吸引車
目視
10t強力吸引車
 
 

高圧洗浄車にて150kg/cm2の高圧にて土砂等を洗浄します。
強力吸引車にて側溝・人孔等に堆積した土砂等を撤去します。

 
  側溝 管渠 管渠 管渠
対応管径 φ150mm~800mm φ100mm~150mm φ150mm~800mm φ800mm~2000mm
対応延長 50m以内 20m以内 120m以内 120m以内
清掃方式 高圧洗浄 サブ洗浄 高圧洗浄 サブ洗浄
  側溝 管渠
対応管径 φ150mm~
800mm
φ100mm~
150mm
対応延長 50m以内 20m以内
清掃方式 高圧洗浄 サブ洗浄

  管渠 管渠
対応管径 φ150mm~
800mm
φ800mm~
2000mm
対応延長 120m以内 120m以内
清掃方式 高圧洗浄 サブ洗浄
 

管更生工法

加熱硬化反転形成

C-ONE工法は、本管・取付管・マンホールを完全一体化し、道路を掘り起こさず、今ある管の内側に新しい管を形成する更生工法のため環境負担が低く、工期、工費、施工スペースにも貢献し、下水道管のリニューアル工事に適しています。

適用範囲

下水道、雨水、農水、排水管きょ部

 
反転挿入口
更生材内に水を供給し管路全長の1/4程度反転挿入し、残り3/4程度を空気圧により反転挿入する。
循環加熱
更生材内の温水が満水になったのを確認したら、ボイラー搭載車より循環ホースを蓋に接続し循環加熱する。
 
  呼び径 施工延長 施工条件 備考
本管 φ200〜φ1100
(φ100〜φ1350)
100m
(370m)
侵入水 0.03MPa,2L/min
滞水 50mm 管ズレ 30mm
隙間100mm 屈曲 10°
呼び径・施工延長の上段は公的機関の認証値で、()内は実績値となります。
対応延長 φ150〜φ250
(φ75〜φ250)
20m
(25m)
侵入水 0.03MPa,2L/min
管ズレ 15mm
隙間50mm 屈曲 60°以内
  本管 対応延長
呼び径 φ200〜φ1100
(φ100〜φ1350)
100m
(370m)
施工延長 φ150〜φ250
(φ75〜φ250)
20m
(25m)

  本管 対応延長
施工
条件
侵入水 0.03MPa,2L/min
滞水 50mm
管ズレ 30mm
隙間100mm
屈曲 10°
呼び径・施工延長の上段は公的機関の認証値で、()内は実績値となります。
備考 侵入水 0.03MPa,2L/min
管ズレ 15mm
隙間50mm
屈曲 60°以内
 
主な特徴

非開削による老朽管の更生
温水を使うことによる時間の短縮と安定した品質の確保
本管・取付管の完全一体化
浸入水の完全シャットアウト
反転機によるスピーディーな施工
従来の開削工法では1スパン(φ250mm、L40m)の施工日数は5日程度必要としていたものが、
  C-ONE工法では1日で修復できます。
従来管渠を接続しながら施工するためパッキンを必要としていたがC-ONE工法では接続部のない
  パイプを形成できるため、水密性は非常に高い。
ランニング材を工場で製作、現場に搬入して現場硬化管を形成します。
標準工事なら、施工は8時間で完了。

 
 

部分更生工法

止水を行わない常温硬化ライニング

EPR工法は軽量、高強度、長期耐久性に優れたエンジニアリング・プラスチックにガラスクロスやカーボンクロスを組み合わせた強化材を用い、クラック、管ズレ、管破損箇所の部分的な更生を内面より非開削で行う画期的な工法です。

適用範囲

下水道、雨水、農水、排水管きょ部(本管部、支管部、取付管部)

 
主な特徴
道路の高圧洗浄
破損箇所の確認
EPR樹脂の含浸
ホイルチューブ巻き付け
更生箇所にセット
エアー充填
更生完了
 
 

非開削で管部分補修(非開削で内面から更生)
水中自然硬化(管路供用中の施工が可能)
高耐久性・高耐薬品性(偏平強度および内面の耐摩耗性・耐酸アルカリ性)
水密性を保持(高水密性を保持)
流下能力を向上(粗度係数は塩ビ管とほぼ同程度)
あらゆる管種に対応(小口径から大口径、本管・支管・取付管部補修)
工期短縮・経済的(工期の短縮、施工コストの低減)

 
  呼び径 施工延長 施工条件
本管 EPS 100〜800 0.4・0.5
エアーモールド 900〜 0.6
EPL 100〜400 0.5~3.0
450〜600 1.0
接合部 EPF [本管部]  100〜600 0.4
[取付管部] 100〜200 0.1~0.2
EPM [本管部]  800〜 0.3
[取付管部] 〜300
本管口 EPI 150〜300 0.3
取付管 EPR-LS 150〜200 ~10.0
 
 

〒431-1111 浜松市西区伊左地町2790番地の1
TEL 053-485-5207 / FAX 053-485-5255